忍者ブログ
2007年1月1日設置!!!ウイイレのMLについて書いていく予定です!!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワードフランチェ
新シーズン開幕
どうもフランチェです。時はたってもう1部リーグが開幕します。リーズ・ヴィクトワレはドイツ遠征で若手が存在感を示すといういいところが見られた。しかしヒーリーが腰に違和感を覚えいつ戦線離脱するか分からない状況となってしまった。チームにとって一番の不安材料となっている。
開幕戦のカードはエバートン戦、期待のスタメンが発表される。

第1節VSエバートン H
㊦両チームスタメン㊦
20070128110806.jpg
両チームともにベストメンバーだろう。
ヴィクトワレは昨シーズンのフォーメーションでLSBにエマヌエルソン、CHにイファンシュイッツ、RSHにガリ、LSHにダウニング、CFにはイミナクーが入った。

0-0

試合は腰の痛みを訴えながらも出場のヒーリーはいい動きを見せることができず、終始エバートンペースになってしまう。後半ヒーリーに変わってジュゼッペロッシ投入も突破口を見出せずスコアレスドローでのスタートとなった。


第2節VSトットナム A
㊦両チームスタメン㊦
7022046f.jpg 
両チームともにベストメンバーだろうか。
ヴィクトワレはCHにヌリシャヒン、CFにダリルマーフィーが入った。
ヒーリーはこの日腰の状態がよく昨年同様のプレーを見せてくれそうだ。
トットナムはベストメンバーだ。夏に加入したフレッチャーはスタメン入りしていないようだ。

3-2
得点 
ヒーリー2 ベラ
    ベルバトフ ロビーキーン

試合は腰の調子良好のヒーリーが見せてくれた。前半12分相手のDFラインでのパスをカットするとそのままゴールまで持っていく。1点目をゲット。しかしキックオフ後前線にロングボールをダイレクトでベルバトフ!!!頭で同点ゴールを決められる。しかしヌリシャヒンのスルーパスをヒーリーが決め勝ち越し。まさにバイエルン戦と同じような形となる。そして後半ヒーリーに変わって出場のベラが決めて2点差とするが終了間際キーンに決められ試合終了。D1初勝利を飾った。
メツ監督は「勝てたのはいいことだ。しかしヒーリーに負担がかかっている。このままだと壊れてしまいそうで怖いよ」と話していった。

第3節VSアーセナル H
㊦両チームスタメン㊦
16e7eee4.jpg 
アーセナルはベストメンバーなのに対してヴィクトワレはやや質が落ちているか。
中田英寿が初出場。ヌリシャヒンは昨節いい動きを見せたためスタメンに選ばれた。
そしてDFラインは急造となったが大丈夫だろうか。

2-2
得点 ジュゼッペロッシ ベラ
    
OG2

試合は前半からヒーリーにパスを送るがことごとくタックルでつぶされ腰が悲鳴を上げだす時間はまだ前半23分仲間のパスに反応できなくなってきている。監督はこれを見て交代を決意し準備を始めたときだったアンリのキーパーが飛び出しアンリが足を伸ばして何とかシュート。ボールはゆっくりゴールに迫っていくそこに飛び込んだシルベストルしかし・・・足に当たってゴールラインを割ってしまう。OGで先制を許す。時間は28分ヒーリーがキャプテンマークをエニュアマに渡しコートから退きそのまま病院に向かう。そしてジュゼッペロッシが投入される。チームは空中分解寸前だったしかしこの若き力が裏へ飛び出し得点を決める。交代後わずか3分しかたっていない。そして後半イミナクーに変わってベラ投入。しかしシルベストルがまたもOGを記録してしまう。しかしベラが自ら持ち込み同点とし試合終了。
メツ監督は「ヒーリーの状態が心配だ。すぐに病院に向かうよ。空中分解寸前のチームを若手がつなぎとめてくれて助かったよ」と話していった。

そしてこの試合から3日後フランチェにも電話がかかってきた。
ヒーリーの容態について会見が行われるらしい。すぐに愛車に乗り込み会見場に向かった。
会見場に現れたのは、カルロス会長、メツ監督、そしてヒーリーの専属医だった。ヒーリーの姿はない。
専属医の口から耳を疑う言葉が発せられた。「今季前半戦の出場はほぼ絶望的だろう。後半戦に間に合うかはまだなんともいえない」この言葉を聴いたとき、会見場はざわめいた。
あのD2リーグダントツ得点王で1部でもビッグ4でさえも一目置いていたキャプテンヒーリーが前半戦離脱が決定的となったのだ。本人のがんばり次第では早期回復もあるとのことだがここはあせらずにしっかりと直してほしいものだ。

ヒーリーを失ったヴィクトワレ。第4節アウェイでのアストンビラ戦はベラが出場するもアンヘルに決められ0-1で敗北を喫した。ここからが正念場だ。

次節はチェルシー戦STCを達成させたいが今のチーム状況で大丈夫だろうか。

PR
イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
どうもフランチェです。ドイツ遠征も終わっていよいよ開幕ですがその前に2007-08シーズンのメンバーを詳しく紹介しますよ!!
どうぞごらんあれ!!

GK
背番号1 エニュアマ 24歳 180㎝ ナイジェリア代表 2年目
昨シーズンは安定した活躍を見せてくれた。昨季は代表にも選ばれており昨季どおりの活躍をしてくれれば、今シーズンも安定した戦いができるだろう。

背番号12 カスパーシュマイケル 20歳 183㎝ デンマーク代表 NEW
今シーズンはキーパー2人ということで、試合出場も多くなるはず。代表にも選ばれるような選手であるため試合に出ればエニュアマからスタメンを奪う活躍をしてくれるかもしれない。切磋琢磨してほしい。

DF
背番号3 アルベルトロドリゲス 23歳 182㎝ ペルー代表 2年目
昨季は安定した活躍でDFに貢献し監督からの信頼も得た選手。今季はシルベストルの加入でスタメン争いは激化するだろうがスタメン定着できるか。

背番号4 ギャリーコルドウェル 25歳 185㎝ スコットランド代表 2年目
昨季は両サイドバックを試合ごとにこなす活躍を見せプレーも安定していたが、攻撃参加が少なかったところが気になるか。今季もSBで出場をしそうだ。

背番号13 シルベストル 29歳 184㎝ フランス NEW
プレマッチではなかなかの安定ぶりを見せてくれたが、連携面ではまだまだの印象。スタメン争いを勝ち抜きたいところだ。

背番号24 スティーヴンコルドウェル 26歳 191㎝ スコットランド代表 2年目
昨季は冬からの加入だったが一躍DFリーダーに定着。今季もCBをスタメンで勤めるであろう。期待がかかる。

MF
背番号5 バット 32歳 178㎝ 元イングランド代表 2年目
今季監督に副主将に任命された選手。監督、チームのメンバーからの信頼も厚く今シーズンスタメンで中盤底を勤めそうだ。昨季のような安定したプレーを今季も見たい。

背番号6 グラント 19歳 180㎝ イングランド 2年目
昨季はほぼ全試合に出場も今季は選手層が厚くなり厳しい1年になりそう。CB・SB・SHも勤めれるためできるだけ試合に出場しいいプレーを見せたい。

背番号7 シルベルバウアー 25歳 183㎝  デンマーク 2年目
昨季は得点も決め安定したプレーをしていたがガリの加入でスタメン定着が約束されない状況に。プレマッチではあまり印象に残るプレーをできなかったところが気になるが・・・

背番号10 イファンシュイッツ 23歳 183㎝ オーストリア代表 2年目
昨季サイドではあったが司令塔としてゲームをしっかり展開していた。プレマッチでは中盤真ん中でのプレーも経験しいい印象を監督に与えた。今季のプレーポジション次第でチームの今後も変わるだろうか。

背番号14 中田英寿 30歳 175㎝ 元日本代表 2年目
昨季途中加入であったが出場した試合ではいい働きを見せてくれた。今季は昨季以上に出場した試合で結果を残したい。

背番号18 ダウニング 22歳 182㎝ イングランド代表 NEW
アトレティコからマッコ+約3億6千万で加入した期待の選手。キャンプからすぐにチームに溶け込みプレマッチではすでにチームの核となって働いてくれた。スタメン定着するだろう。

背番号20 エマヌエルソン 20歳 176㎝ オランダ代表 NEW
期待の選手の1人。今季はSBとしてスタメンに定着しそう。プレマッチでも絶妙な攻め上がりを見せてくれた。期待がかかる。

背番号25 ガリ 25歳 181㎝ エジプト代表 NEW
SB・SHをこなす選手。今季は右サイドハーフとしてシルベルバウアーとスタメン争いをするだろう。プレマッチではなかなかいい動きをしていたため一歩リードか。

背番号26 ジュルー 20歳 183㎝ スイス代表 NEW
MF登録だが、CBを勤めることになりそう。代表にも選ばれる選手で期待がかかる。プレマッチではCBを勤めたがなかなかの動きを見せていた。スタメン争いに参加したいところだ。

背番号27 ヌリシャヒン 18歳 179㎝ トルコ代表 NEW
トルコ期待の新星。この年齢でA代表に選ばれており、監督も期待している。プレマッチでは少ない出場時間でヒーリーの得点をアシストしており、イファンシュイッツを差し置いてスタメン入りもあるかもしれない。

FW
背番号9 ヒーリー 27歳 170㎝ 北アイルランド代表 2年目
昨季は鬼のような働きでダントツの得点王を獲得。サポーターの間では英雄とまで呼ばれている選手。今シーズンもキャプテンを務め、プレマッチのバイエルン戦では試合を決めるゴールを決めた。しかしバイエルン戦後腰を痛めブレーメン戦には欠場。今季は腰の痛みと相談しての1年になりそうだ。

背番号11 ヨーク 35歳 178㎝ 元トリニダードトバコ代表 2年目
昨季はヒーリーの相棒として出場もあまり結果を残すことができなかった。歳もあり今季はスタメンはあるだろうか・・・まだわからない

背番号19 ジュゼッペロッシ 19歳 178㎝ イタリア NEW
将来が期待される選手。ドイツ遠征には特別メニューで参加しバイエルン戦後加入が決定。ブレーメン戦では後半少ない時間の出場となったがなかなか切れのあるシュートを見せてくれた。今季はサブだろうが得点機を活かしたい。

背番号21 イミナクー 24歳 183㎝ ナイジェリア 2年目
昨季D2カップ決勝で見せた1試合4得点は記憶に新しい。今シーズンヨークから定位置を奪いたいところ。プレマッチでは存在感をしっかり示した。

背番号22 ベラ 18歳 175㎝ U-18メキシコ代表 2年目
メキシコが誇る新星。今やヴィクトワレでも攻撃の中心になりつつある18歳は脅威の存在。プレマッチのバイエルン戦では得点を見事に決め勝利に貢献。監督の信頼も厚く、ヒーリーが腰を痛めたためこのままスタメンに定着する可能性も否定することができない状況だ。

背番号28
 ダリルマーフィー 24歳 183㎝ コートジボワール NEW
ポストプレーヤーとして獲得。プレマッチではそれなりの動きを見せてくれた。ヨーク、イミナクーとのスタメン争いは見ものだろう。

その他の面々
2ヴァレニ 15リーベルマン 17ギールセン 14ラスキン

次回いよいよシーズン開幕!!!
イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
来シーズンまず残留!!!
どうも、エドワード・フランチェです。今シーズンD2を無敗で優勝したリーズ・ヴィクトワレは来シーズンはなんとしても残留したいところ、D2でも少々選手層の薄さが感じられたヴィクトワレ、このオフシーズンで所属チームから契約更新をされなかった選手を中心に大量に選手を獲得してもよいとカルロス会長からGOサインも出たためメツ監督をはじめとするコーチ陣、クラブ経営陣でリストを作り交渉を行った。

その結果はこちらです。選手詳細は来シーズンのメンバー票で書きます。
IN
カシュパーシュマイケル(フリーより デンマーク 19歳 12番)
エマヌエルソン(フリーより オランダ 19歳 20番)
ジュルー(フリーより スイス 19歳 26番)
ヌリシャヒン(フリーより トルコ 17歳 27番)
ダリルマーフィー(フリーより コートジボアール 23歳 28番)
ガリ(フリーより エジプト 24歳 25番)
シルベストル(フリーより フランス 28歳 13番)
ダウニング(アトレティコ・マドリーより マッコ+約3億6千万 イングランド 21歳 18番)
ジュゼッペロッシ(フリーより バイエルン戦後加入 イタリア 18歳 19番)

このような交渉結果になりました。
若い選手の加入が目立つ交渉となったのにはわけがあったのだ。
ベテラン選手に交渉を持ちかけるも他のWEFAランキングが高いチームへの移籍が多く振り向いてもらえなかったのだ。
当初リストアップ選手にはレジェス、スールシャールなどといった選手も入っていたらしいが他チームへの移籍で話しはなしになったもよう。
このメンバーをどのようにまとめ上げるかがメツ監督に求められるのだ。

ドイツ遠征
リーズヴィクトワレはオフに入って3週間後にドイツへの遠征に向かっていた。もちろん私も遠征に向かうヴィクトワレを追った。イングランドに部下を1人待機させておいてだ。
2週間のチーム練習を終えた後バイエルンとブレーメンとのプレシーズンマッチを行った。

プレマッチVSバイエルン
㊦両チームスタメン㊦
4cbd91e8.jpg
ヴィクトワレは新加入選手を組み込んでのスターティングメンバーになった。
バイエルンはベストメンバーを組んできてくれたためいい力試しとなるだろう。

2-0
得点 ベラ ヒーリー

試合は前半まだ連携不足が否めないヴィクトワレは本来の攻めを見せることができないが安定したDF陣と昨季代表にも召集されたエニュアマの活躍でそれらしいチャンスを与えない。中盤そこでパスを供給するイファンシュイッツがやや目立つ展開となるが得点を奪えないまま後半へ。
後半ヴィクトワレは昨季から在籍している選手を投入すると後半開始直後ダリルマーフィーと変わって出場のベラがDF陣を交わしシュート!!!これがあいてゴールを襲い先制に成功すると、最後はキャプテンヒーリーが裏をきれいにとって2点目を沈め勝利した。後半から出場したヌリシャヒンは17歳ながらヒーリーの得点をアシストし存在感をしめした。
メツ監督もこの勝利には満足したようであった。

この試合終了後イングランドに残してきた部下から電話がかかってきた。
電話口の向こうからこんな声が聞こえてきた。「新たに1人若い選手が加入するそうです。名前はジュゼッペロッシ、フリーになっていた選手ですがバイエルン戦も観戦していて決めたとのことです。練習にはドイツ遠征から別メニューで参加していたとの情報も入ってきました。ドイツのキャンプ地で会見が開かれるそうです」とのことだ。ジュゼッペロッシと聞いたときフランチェはわくわくしていたのは言うまでもない。なぜならフランチェはひそかにジュゼッペロッシに注目していたからなおかつこのプレミアに新たな風を巻き起こしてくれそうな、ヴィクトワレというチームに加入するのだから楽しみでしょうがなかった。

会見ではドイツ遠征にで別ニューで参加していたことも明かされた。

そしてもう1試合のプレマッチが行われた。
プレマッチVSブレーメン 
㊦両チームスタメン㊦
20070127140734.jpg
この試合さすがにジュゼッペロッシのスタメン入りはなかったがベラ、イミナクーの2トップとなった。そして中田もスタメン入りキャプテンマークも巻いた。カスパーシュマイケルもスタメン入りし楽しみな一戦になりそうだ。

0-0

ヴィクトワレは中盤でリズムをつくることができずグダグダな印象に。一方のブレーメンも新加入のダビドピサロがなかなかなじんでいないようでいい動きができていなかった前半。後半はメンバーチェンジで出場したヌリシャヒンがまたしてもいい印象を与えるがスコアは動かず試合は終了した。

いい所もよくない所も見えたドイツ遠征。この遠征が来シーズンへの大きな一歩となることは言うまでもない。

イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
2冠へ向け全力疾走
現在負けなしのリーズ・ヴィクトワレここからもこのままいけるだろうか。

第9節VSバーミンガム H
3-3
得点 ヒーリー 
ヨーク2
    
へスキー3

1位と2位の試合は今回も決着がつかなかった。
へスキーはハットトリック。ヴィクトワレサポーターのブーイングすら響かない状況だった。しかしキャプテンヒーリー+ベテランヨークの得点で引き分けに持ち込んだ。

D2カップ準決勝VSバーミンガム H
1-1
得点 ヒーリー
    サットン

控え中心で挑むヴィクトワレ一報のバーミンガムはほぼベストメンバー。
前半開始早々サットンのゴールで先制を許すと試合はバーミンガムペースへ。
後半途中出場のキャプテンヒーリーが何とかゴールを決め引き分けで試合は終了した。

第10節VSブラックバーン H
2-1
得点 ヒーリー ベラ
    MGペーダーセン

しっかりと勝利した。

第11節VSウエストハム A
2-0
得点 イファンシュハイッツ ヒーリー

昇格が決まる試合。ヒーリーのシュートのこぼれだまをイファンシュイッツが頭で決めて先制すると前半終了間際ヒーリーが決めて勝利し昇格決定!!!

D2カップ準決勝VSバーミンガム A
2-0
得点 イミナクー ベラ

FWの核になってほしいと監督が話していたイミナクーが見事なゴールで先制するとヒーリーの後釜として期待されているベラが決めて勝利した。

第12節VSウエストヴロムウィッチ H
3-0
得点 ヒーリー 
ベラ2

前半ヒーリーのゴールで先制すると、後半途中からヒーリーの位置に入ったベラが2得点の活躍で快勝した。

第13節VSサンダーランド
㊦両チームスタメン㊦(クリックで大きくなります)
26af6852.jpg 
両チームともにベストメンバーをそろえてきたか。
ヴィクトワレは自力優勝がかかる試合となるが選手達に気負いはないようだ。

2-0
得点 シルベルバウアー 中田英寿

試合は前半ヒーリーのシュートがポストに当たったところをシルベルバウアーがダイレクトで叩き込んで先制すると、後半20分過ぎに中田がミドルを叩き込んで勝利した。


20070126194535.jpg  
そしてこの瞬間
D2リーグ優勝!!!!が決定した。
カップを掲げるヒーリーを中心に盛り上がる選手一同。メツ監督はガッツポーズを見せコーチ陣と抱き合った。サポーターも周りの人と抱き合い応援歌を熱唱しともに喜びを分かち合ったのだ。

この優勝は大きな財産となるだろう。





最終節VSウィガン A
3-1
得点 ヨーク イミナクー ベラ
    ジェイソン・ロバーツ

先制されるも見事な逆転勝利を収めた。
20070126200527.jpg 
20070126200546.jpg  
 シーズン最終結果。
1位と2位が抜けたリーグとなったが2位バーミンガムにはリーグ戦での勝利はなし。来シーズンも試合をすることになるため確実に勝ちたいところだ。

リーグのMVPにはダントツ得点王のヒーリー。もちろん得点王はヒーリー。




D2カップ決勝VSウエストハム H
㊦両チームスタメン㊦
20070126200957.jpg 
両チームともにほぼベストメンバーだろうか。
ヴィクトワレはカップ戦で結果を残しているイミナクー+リーグ戦5得点のベラで組んできた。
一方のウエストハムはシェリンガムの引退試合になるゲームとなった。D2ではあるが最高の引退試合にしたいだろう。




4-0
得点 
イミナクー4

試合は開始直後から終了間際までイミナクーのためといってもいいような試合だった。
この試合だけで4得点大爆発だった。
20070126202243.jpg 
20070126202427.jpgそして終了のホイッスル。
D2での2冠達成!!!
なんとD2での2冠を達成したのだ。

若きFWイミナクーの大いなる飛躍がこのシーズン最後の試合で見ることができたのはとても大きいことだろう。






昇格↑ リーズ・ヴィクトワレ バーミンガムシティ
降格↓ レンジャース チャールトン・アスレティックス
WEFAランキング 68位↓

来シーズンへ向けオフシーズンにはドイツへのキャンプに出かける。
バイエルン、ブレーメンとの試合も開催予定となっている。

そして夏のマーケットが解禁される。

イギリスサッカー雑誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
移籍情報
ここではリーズヴィクトワレの移籍情報を簡単にお伝えしよう。
IN
スティーブン・コルドウェル(サンダーランドより スコットランド 25歳 24番)
セシウとのトレードで移籍が成立。後半戦はCBで定位置を確保できそうだ。いち早くチームになじんでほしい。

ベラ(セルタより メキシコ 17歳 22番)
カストロとのトレードで移籍が成立。U-17世界選手権ではチームの優勝に貢献した。さらに得点王を獲得しており、ヴィクトワレのサポータたちも期待している。ヒーリーの後釜候補として獲得したとのうわさも出回っている。

中田英寿(現役復帰 日本 29歳 14番)
引退を表明後世界各国を旅していたがヴィクトワレの試合、サポーターの熱さ暖かさを見て現役復帰を決意した。協会に4億2千万の移籍金を支払った。

OUT
セシウ(サンダーランドへ)
カストロ(セルタへ)
ミナンダ(エスパニョールへ 約9億3千万で合意)
フーケ(バイヤー・レバークーゼンへ 約5億7千万で合意)

このメンバーで後半戦へ挑むことになる。

後半戦開幕 
第8節VSローセンボリ A
3-1
得点 ヒーリー シルベルバウアー ベラ
    ヘルスタッド

試合は前半後半戦に入っても好調を維持しているヒーリーの得点で先制すると、シルベルバウアーもミドルで応戦するもカウンターから一発もらう。
しかし後半途中出場のベラが得点を決め勝利した。

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/11 urban]
[08/08 adult]
[08/08 liza]
[08/08 bred]
[08/07 james]
最新TB
プロフィール
HN:
ribando
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]