忍者ブログ
2007年1月1日設置!!!ウイイレのMLについて書いていく予定です!!!
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イギリスサッカー雑誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
夏のマーケット解禁
失礼だが今回は簡潔に書かさせていただこう。
この夏ヴィクトワレには大量の選手が加入してくることになる。もちろんフリーに選手を中心にだ。
監督がどのようにまとめるか・・・これが気になるが・・・
選手はプレシーズンマッチ終了後のチーム登録メンバー表で現メンバーとともに紹介しよう。
IN
クリシー(フリーより フランス 21歳 25番 DF登録)
リーセ(フリーより ノルウェー 27歳 27番 MF登録)
ヤンクロフスキ(フリーより チェコ 29歳 28番 MF登録)
アデバヨール(フリーより トーゴ 22歳 29番 FW登録)
アグエロ(フリーより アルゼンチン 18歳 30番 FW登録)
グルキュフ(フリーより フランス 20歳 9番 MF登録)
ハドルストーン(フリーより イングランド 19歳 15番 DF登録にデフォルトから変更)
ベンアルファ(フリーより フランス 19歳 17番 MF登録)
イラーリオ(フリーより ポルトガル 31歳 18番 GK登録)
エドラルドグロッソ(フリーより イタリア 19歳 20番 GK登録)

OUT
デフォルトメンバー契約更新せず。
ビクトル(マジョルカへ)

イタリアへ飛び立つ!!!
6月3週からイタリア合宿へ飛び立ったヴィクトワレは、6月4週にミランとの試合、7月1週にはインテルとの試合、7月2週にはローマと試合が組み込まれている。
イタリアへ飛び立つとき補強部門担当専任のハート・ロドリアンとまさに右腕のような動きをしているクレースマン(初登場)は忙しく働いていたのだ。
そのハートは
ライト・フィリップスの代理人と話し合いをしているとはチームの選手達は誰一人する余地もなかったのだが・・・
クレースマンは日本に渡り高校を卒業してくる大物の獲得交渉に向かっているのだった。

ここからは次回!!!プレシーズンマッチとともに報道!!

PR

前回の記事を読んでない方は先に読もう。
http://ribando.blog.shinobi.jp/Entry/13/(クリックで飛びます)

イギリスサッカー誌SH・MO 
記者エドワード・フランチェ
D1カップ制覇!!!
リーズ・ヴィクトワレがやってしまった。ビッグ4のうちの3チームを破っての優勝。まさかここまでやってくれるとは思っても見なかった。
ワトフォードとの昇格をかけた試合私は観戦していたがあの時はとにかく将来性あふれる兄弟の活躍しか目に付かず、1部にあがってもそこまで期待できないか・・・と思っていた。
そこからヴィクトワレはすごいペースで成長し、カップを制覇した。これからもっと強くなっていくだろう。残りのリーグ戦もいい結果を出してほしいものだ。

第34節VSミドルスブラ A
2-0
得点 マーカスベント パーク

試合は前半からヴィクトワレペースで進んでいく。
前半マーカスベントが得点を決めると、後半にはパーク・ロドリアンが実にリーグ戦11試合ぶりとなるゴールをきめて勝利した。

第35節VSトッテナム H
1-1
得点 マーカスベント
    ベルバトフ

試合は前半ロスタイムにマーカスベントのゴールで先制するが、後半半ばごろからトッテナムが牙をむき出す。そして迎えた後半43分サイドからのクロスをベルバトフ!!!決められてしまい試合は終了した。

第36節VSボルトン H
1-1
得点 マーカスベント 
    アネルカ

試合は前半中ごろアネルカに決められボルトンペースになっていく。前半終了間際にはノーランのミドルで肝を冷やす。
しかし後半開始直後ゴール前のこぼれだまを
怪物マーカスベント!!!が決めて引き分けで終了。

第37節VSレディング A
1-0
得点 マーカスベント

試合は前半からヴィクトワレペースで進んでいくがなかなかゴールを割れない・・・
しかし怪物が目を覚ます!!!ミドルをどかーんと叩き込むと13試合連続ゴールを記録する。どんな怪物なんだ彼は・・・そのゴールで勝利した。

最終節VSアーセナル H
㊦両チームスタメン㊦(クリックで大きくなります)
20070121142835.jpg 
両チームともにほぼベストメンバーをそろえてきたか。
アーセナルは得点ランクダントツトップの30ゴールほど決めているアンリ+得点ランク2位のリュンベリの2トップを組んできた。
一方のヴィクトワレは、爆発するととめれないパークと13試合連続ゴールのマーカスベントの2トップを組んできた。



2-0
得点 マーカスベント パール

試合はヴィクトワレが攻勢に出る。守備には不安が残る直志だが中盤そこからサイドにパスを散らしだすと、パールは前線でボールに絡む。相手のFWアンリには幾度となくチャンスを作られるが34歳ベテランマッカイが幾度となくぎりぎりでのクリア!!!このDFが功を奏しカウンターからマーカスベント!!!先制に成功すると、後半開始直後パールがアウトサイドでゴールにボールを流し込み見事に勝利!!!
メツ監督は「この勝利は来シーズンへむけてとても大きなものとなった。オフシーズンにイタリアに合宿に行くことが決定した。対戦チームはミラン、インテル、ローマとなる予定だ。更なる飛躍に向けてがんばってくるよ」と話していった。

㊦今シーズン最終順位㊦(クリックで大きくなります)
20070121144143.jpg 
マンチェスターユナイテッドはチェルシーに勝ち点差7をつけて優勝となった。
アーセナルは最終節の負けが響きCL圏内から脱落。ニューカッスルがCL圏内を確保した。
リーズ・ヴィクトワレは失点がリーグで他2チームと並んでもっとも少なく守備の安定がチームを助けただろう。負け数も2番目に少なくいい結果となったのではないだろうか。
来シーズンはCL圏内を確保したいところだ。
そして欧州カップ挑戦権を得たヴィクトワレは来シーズン初めて欧州の大舞台に飛び出すことになる。私はこのチームを追い続ける。


オフシーズンの補強が鍵を握ってくるだろう。

前回の記事を読んでない人は先に読もう。
http://ribando.blog.shinobi.jp/Entry/12/(←クリックで飛びます)

イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
帰りたい・・・
リーズ・ヴィクトワレに在籍しているFWビクトル(21)が母国スペインに帰りたいと会長カルロス氏、補強部門担当専任ハート・ロドリアン、そしてメツ監督に伝えていたことが明らかになった。
ビクトルはなかなかチームになじめず、マーカスベントの予想以上の活躍もあり、出番が少ない状況になっており、本人はスペインのクラブからオファーがあったらすぐに移籍したいと話している。しかし監督は「移籍するまではチームの一員だから試合には出てもらうつもりだ」とコメントを残した。

D1カップ準決勝VSチェルシー A
㊦両チームスタメン㊦(クリックで大きくなります)8cb8f85f.jpg

STC達成へ!!!
両チームともにベストメンバーをそろえてきた。
ドログバをとめられるか。パークを止められるか。
見所はここだろうか。





2-0
得点 パーク マーカスベント
㊦パークのゴール㊦(クリックで大きくなります)
20070120191025.jpg 
試合は気迫勝るヴィクトワレが見せた。
前半34分スチュワートのオーバーラップからクロスをマーカスベントがパークに落とすと、パークが
右足でダイレクトボレー!!!チェフも一歩も動くことができず先制に成功すると、マーカスベントも得点を決め勝利!!
STC達成!!!
メツ監督は「よくやってくれた。このまま優勝しよう」と話していった。





第32節VSニューカッスル H
2-2
得点 
マーカスベント2
   
マルティンス OG

試合は前半マルティンスに裏を取られて失点。しかしマーカスベントが同点ゴールをあげる、が・・・まさかのOGで勝ち越しを許すがまたしてもマーカスベント!!!彼の存在がなかったら間違いなく敗北していただろう。

第33節VSリヴァプール A
㊦両チームスタメン㊦1f39d9a4.jpg(クリックで大きくなります) 

両チームともにベストメンバーではなく控えメンバーをスタメンで起用してきた。
なんとここで日本人対決を見ることになるとは私も思っていなかった。
ヴィクトワレのCBやや不安が残るだろうか。
一方のリヴァプールはジェラードを抜いてきたそこがどう影響するか。





2-2
得点 マーカスベント ビクトル
    ベラミー ファウラー

試合は前半から得点が入ると言う展開になった。
マーカスベントの得点で先制するとベラミーに決められ後半へ。後半一端逆転を許すものの、ホームシックのビクトルが何とか得点を決め引き分けで試合終了した。

D1カップ決勝戦VS
マンチェスターユナイテッド A
㊦両チームスタメン㊦(クリックで大きくなります)
20070120194420.jpg 
両チームともにベストメンバーで組んできた。
得点王争いを繰り広げているパークVSルーニーの戦いも見ものだろうか。







2-1
得点 マーカスベント パーク
    スコールズ

試合は前半マンチェスターユナイテッド輝き放つベテランスコールズにミドルで先制を許してしまう。
しかし、ヴィクトワレはあきらめるどころか攻勢に出る。スローインからパークのクロスをマーカスベントがファーディナンドに競り勝って頭で叩き込むと、後半開始直後パークがミドルを叩き込む。そして試合終了のホイッスルがフィールドに鳴り響く!!!なんと1部昇格1年目にして快挙達成!!!
20070120200452.jpg 
俺達はできるんだ!!!そう選手達は確信していた。
D1カップ初制覇!!!!

正直私は驚いている。昇格1年目にして強豪をことごとく破り優勝してしまったのだから。このチームの担当になってからこのチームとともに動いているが正直開幕当初、ここまでやってくれるとは思っても居なかった。メツ監督の的確なトレーニングが実を結んだのだろう。そして今季最大の補強と言って間違いないマーカスベントの加入がチームにとってプラスに動いたことは言うまでもない。彼らがひとつとなって得た最初のタイトルはチームにとって大きな財産となるだろう。

前の記事を読んでない方は先に読みましょう。
http://ribando.blog.shinobi.jp/Entry/11/(←クリックで前の記事へ

イギリスサッカー誌SH・MO    記者エドワード・フランチェ
クラブランキング発表
123位↑
リーズ・ヴィクトワレはクラブランキングを4ランクアップさせたが世界から見ればまだまだ無名のチームに過ぎない。
2002w杯が開かれた日本では中村直志が1年間のレンタルで在籍していることから、ある程度話題性のあるチームとしての認識が高まっているようで、まだまだ先の話になるがオフシーズンでプレマッチを行いたいというチームも出てきてると言う話が日本支部より届いている。
これから世界に羽ばたこうとしているヴィクトワレ、私はこのチームを追い続ける。


第29節Vsシェフィールド A
2-1
得点 マーカスベント ライトフィリップス
    キャッパ

前半戦の対戦で敗北している相手に苦しみながら勝ち点3を獲得した。
試合はマーカスベントの得点で先制するもののキャッパにミドルを決められ後半へ。
後半カウンターから俊足ライトフィリップスが抜け出し勝ち越しゴールを決めるとその後ピンチを迎えるがフォスターの活躍もあり何とか勝利した。

D1カップ準々決勝VSリヴァプール A
㊦両チームスタメン㊦(クリックで大きくなります)
20070120130716.jpg
この試合終了後リーズ・ヴィクトワレはフォーメーションの形を変えることになる。
この試合初めて中盤の形を変更。中盤そこでプレーしていたパールの位置を攻撃に絡みやすくするよう高くしている。DFラインは控えメンバーが主体だが大丈夫だろうか。
一方のリヴァプールはほぼベストメンバーだろうか。
両チームともに中盤でゲームを作る、パール、ジェラードのパスをどれだけカットできるかが勝敗を分けるだろう。


1-0
得点 パーク

アウェイ側での試合開始。それにしてはヴィクトワレのサポーターの数は予想を上回るほど多かった。
試合は両チームキャプテンのキラーパス合戦となった。しかしジェラードのパスは幾度となくヴィクトワレの守備陣にカットされ、攻撃にリズムが出ない。一方のヴィクトワレはパールのパスがちょっとづつではあるが通りだす。そして迎えた前半43分パールのパスを受けたパークがミドルを突き刺す。リーグ戦でここ最近まったくゴールが生まれていないパークがカップ戦2試合連続ゴールを決めてハーフタイムへ。
後半はリヴァプールが攻勢に出るがフォスターのファインセーブ、ローゼナイアー&マッカイのファインプレーで何とか切り抜け見事勝利した!!
メツ監督は「よくやってくれた。ベスト4進出すばらしいことだ。そして次の準決勝相手はチェルシーだ。必ずSTCを達成させ、このチーム1部リーグ初のタイトルを獲得しに行こう」と話していった。

第30節VSブラックバーン H
2-2
得点 パール マーカスベント
    ジェイソンロバーツ マッカーシー
㊦パール追撃のゴール㊦(クリックで大きくなります)
20070120132152.jpg
フォーメーションはリヴァプール戦の形となった。
試合は前半開始直後集中し切れていないDF陣を悲劇が襲った。
一気に2得点を許す。
しかしフォーメーション変更したリヴァプール戦で果敢な攻めあがりパスを見せたパールが前半のうちにマーカスベントがポストで落としたボールを叩き込み追撃のゴールをあげる。
後半そのマーカスベントが体を張ってそのままゴールを奪い引き分けで終了した。




第31節VSアストンビラ A
2-3
得点 マーカスベント ライトフィリップス
    
バロシュ2 スリティアンペトロフ

試合はバロシュが特に目立つ試合となってしまった。開始直後にまた失点。
しかしここでマーカスベント!!!冬に移籍してきてここまでリーグ戦8ゴール目を上げた。さらにここでライトフィリップスが決めて逆転に成功。しかし・・・バロシュ、スリティアンペトロフに後半ロスタイムに2ゴールをあげられると言う奇跡的な逆転負けを喫し勝ち点を得ることができなかった。

前回の記事を読んでない方は先に読みましょう。
http://ribando.blog.shinobi.jp/Entry/10/(←クリックで前回の記事へ)

イギリスサッカー誌
SHOOT MONTHLY(この雑誌は実在)
記者エドワード・フランチェ(架空の人物リーズヴィクトワレを今シーズンから担当に持つことになった。まだまだ若い新米記者)

マンチェスターC戦後リーズの町ではある選手へ大きな期待の声があがっていた。
そうその選手こそマーカスベントなのである。
マンチェスターC戦まさに一人舞台で相手サポーターまでも魅了した彼にはサポーターからも監督からも大きな期待チーム善戦への希望がのしかかっているのである。

第26節VSフルハム A
1-0
得点 マーカスベント

この試合ロドリアン兄弟が完全に封じ込まれてしまうが、マーカスベントが見せてくれた。
封じられている兄弟を前半20分までに監督が確認するとボールをマーカスベントに集めるように指示を出す、すると
攻撃にリズムができだす。
そして前半42分マーカスベントが自分のポストプレーからワンツーで抜け出すとシュートコースは完璧、相手キーパーは一歩も動くことができず2試合連続ゴールを挙げた。
後半こそ得点はなかったが終始ヴィクトワレペースで試合は終了した。

D1カップ2回戦VSウエストハム H
2-1
得点 マーカスベント パーク
    テベス
㊦パーク勝ち越しゴール㊦(クリックで大きくなります)
20070119195536.jpg
ホーム側で迎えた試合両チームサポーターあわせて約49000人の観客が動員した。
試合は前半から一進一退で進んでいく。ここでやってくれる男となりつつあるマーカスベントが自らのポストプレーを振り向きながら処理し、そのまま右足を振りぬき先制するが、前半ロスタイム左サイドを抜かれるとクロスをテベスに決められて同点で後半へ。
後半20分過ぎフォーメーションを4-4-2ではあるがOHの位置にパークを投入すると、パークを王様とするスタイルのサッカーで攻勢に出る最後はパークが泥臭いスタイルの得点ではあるが勝ち越しゴールを決めて勝利。
メツ監督は「今日の試合も厳しかった。このごろロドリアン兄弟へのマークが厳しくなってきているから冬加入してきた選手にも十分チャンスはある。この時期にチーム全体のレベルをアップさせれるようにがんばってほしい」とコメントを残していった。

第27節VSチャールトン H
3-2
得点 マーカスベント2 ビクトル
    ハッセルバインク ユーエル
㊦マーカスベント1点目㊦(クリックで大きくなります)
20070119200604.jpg
古巣相手に容赦なかったマーカスベントはフランチェの予想以上にチームの中心として機能しだしていた。この試合はパールがしっかりゲームを組み立てることに成功する。そしてマーカスベントが立て続けに2得点を挙げるが、ハッセルバインクに決められて後半へ。後半からの出場となったビクトルが得点を挙げるが、ユーエルに決められどうもすっきりしないいがしっかり勝利した。





第28節VSウィガン A
2-2
得点 マーカスベント ジェームズウォーカー
    へスキー2

試合はウィガンにいやへスキーに開始直後ゴールを襲来される。しかしヴィクトワレに移籍後28歳にして一皮むけ
花開いた怪物マーカスベントが1点差に迫るゴールを上げ後半へ。後半パークに変わって投入された、ジェームズウォーカーが起死回生となる同点騨を叩き込み試合は終了。
メツ監督は「マーカスベント・・・28歳にして今一番脂が乗っている時期なのだろうか・・・試合に出るほどチームは彼のポストワーク、前を向いて仕掛ける力強さを必要としている気がしてならないよ」と話していった。

花開いた怪物
ここ5試合(D1カップも含めて)で6ゴールを挙げると言うすばらしすぎる活躍を見せているマーカスベントは、リーズ・ヴィクトワレサポーターの中で花開いた怪物と呼ばれるようになっていた。
今シーズン冬の移籍前まではチャールトンでサブに甘んじていた男が、冬の移籍後大ブレークを果たしたからにはサポーターからの歓喜の声が上がらなくてもおかしくはない。
古巣のチャールトン戦では自ら2得点を上げチームの勝利に貢献したときの相手経営陣の顔は引きつっていた。
マーカスベントは「このチームに来て何かが変わったのは紛れもない事実だし、チャールトン戦で2ゴールを挙げれたのはチャールトン側に対していい恩返しになったと思っている。このチームはもっと上にいけるポテンシャルを持っていると思う。チームのみんなと協力してやっていきたいね」と話していった。
著エドワード・フランチェ

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/11 urban]
[08/08 adult]
[08/08 liza]
[08/08 bred]
[08/07 james]
最新TB
プロフィール
HN:
ribando
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]