忍者ブログ
2007年1月1日設置!!!ウイイレのMLについて書いていく予定です!!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メツ監督はシーズン開始前チーム練習のとき選手全員を集めてこういったという「今シーズンは試合数が少ない。疲労が溜まることもそれほどなく、いい状況でシーズンが進んでいくだろう。少ない試合数でどれだけ世界にアピールできるかだ。負けなし優勝を目指す。もちろんD2カップも優勝し2冠達成して1部リーグに挑戦できるようにしよう」この言葉が、キャプテンヒーリーのハートに火をつけていた。

第1節VSローセンボリ H
1-0
得点 ヒーリー

試合は前半終了間際ヨークのパスから裏へ飛び出したヒーリーが得点を決め後半へ。
後半イミナクーを投入するが決定機を作ることができず試合は終了した。

第2節VSバーミンガム・シティ A
1-1
得点 ヒーリー
    サットン

前半開始直後集中し切れていない時間帯にサットンにゴールを許すが、キャプテンヒーリーの闘志に火がついた、前半20~35分の間にヒーリーにボールが集まりだすとどんどんシュートを放つ。そして前半43分ヒーリーがシュートを叩き込み同点となると後半は動かず試合終了した。

WEFAランキング 70位

第4節VSウエストハム H
1-0
得点 ヒーリー

試合は前半シェリンガムのポストプレーでリズムを作らるが何とかしのぎ後半へ。
後半開始直後カウンターからヒーリーが叩き込んでそのまま耐え切り勝利した。

D2カップ1回戦VSサンダーランド H
2-0
得点 イミナクー ヨーク

試合を終始支配し勝利した。

第5節VSウエストブロムウィッチ A
1-0
得点 ヒーリー

試合は前半ロスタイムのヒーリーの得点で勝利した。

第6節VSサンダーランド A
3-0
得点 OG ヒーリー2

試合は前半11分CKを相手のクリアミスのOGで先制すると、前半のうちに一気に畳み掛ける。
今やサポーターから一番の人気があり、リーズ・ヴィクトワレの英雄とまで言われるようになってきたヒーリーがミドルを叩き込み2点差とすると、前半ロスタイムまたしてもヒーリーがワンツーから抜け出し得点を決め勝利した。

D2カップ1回戦VSサンダーランド A
2-0
得点 イミナクー ミナンダ

試合は前半2得点を叩き込み合計4-0で2回戦へ進出が決定した。

第7節VSウィガン H
2-0
得点 
ヒーリー2

試合は英雄の一人舞台となった。
前半ヨークのパスをダイレクトで叩き込むと後半ロスタイム疲れてきている相手DFを振り切り見事にゴールネットを揺らすと試合終了のホイッスル。

WEFAランキング 67位↑


なんとここまで監督の言葉どおり無敗というすばらしい戦いを見せている。失点もわずかに1。エニュアマの存在がどれだけ大きいかが分かった前半戦だった。
20070124204749.jpg









そして冬のマーケットが解禁する。

PR

2006-07年シーズン開幕登録選手を紹介しよう。(身長、体重、国籍調べ忘れのため国籍は分かる範囲で^^;)
監督
もちろんメツ氏
今回のチームも頼みますぜ!!!!

GK
背番号1 エニュアマ 23歳 ナイジェリア代表 1年目
今シーズンは確実にスタメンで試合に出場するだろう。どれだけチームに貢献できるかとともに監督信頼を勝ち取ることができるか。

DF
背番号3 アルベルトロドリゲス 22歳 ペルー代表(確か) 1年目
今シーズンスタメン定着を図りたいところ。成績を残して来シーズンへつなげたい。

背番号4 ギャリー・コルドウェル 24歳 スコットランド代表 1年目
今シーズンスタメンは確実だろう。ポジションはCBよりもSBかもしれない。攻守ともに貢献してほしいところだ。

MF
背番号5 バット 31歳 イングランド 1年目
中盤底を勤めることになりそうだ。サイドへの展開ともに期待がかかる。

背番号6 グラント 18歳 イングランド 1年目
バットとともに中盤底を勤めることになりそう。まだまだ若いため2010年には代表入りを目指したい。

背番号7 シルベルバウアー 24歳 1年目
サイドを勤めることになりそう。しっかり攻撃に参加しゲームを作ってほしい。

背番号10 イファンシュハイツ 22歳 オーストリア代表 1年目
若きオーストリアの司令塔。ヴィクトワレでもチームをまとめ上げてほしいところだ。

FW
背番号9 ヒーリー 26歳 北アイルランド代表 1年目
北アイルランドを代表するFW。このチームでもキャプテンを務め期待がかかる。目標は得点王か。

背番号11 ヨーク 34歳 トリニダード・ドバゴ 1年目
彼も期待がかかる選手の1人。ベテランとしてチームを引っ張っていってほしい。

背番号21 イミナクー 23歳 ナイジェリア 1年目
今季はスーパーサブとしての起用が主となってくるだろうか。結果を出すことが一番重要となってくるだろう。

その他の選手
DF
背番号2ヴァレニ 背番号14セシウ 背番号15リーベルマン 背番号16ラスキン 背番号17ギールセン
MF
背番号8ミナンダ 背番号18スタイン 背番号19マッコ 背番号20フーケ
FW
背番号22カストロ 背番号23ホイレンス

次回リーグ戦開幕

今までJウイイレ10でMLを進めていましたが、各国の選手がいないこと+リーグのチームがいつまでも変わらなくマンネリ化する事からワールド版ウイニングイレブン10でMLを新たに始めようと思います。

といってもチーム名はリーズ・ヴィクトワレのままでイングランドに新たに挑戦します!!!
D1にはセルティック+レンジャースを加え、D2にはローセンボリ+D1に入りきらなかったイングランドのチームで進めていきます!!!

これからもよろしくお願いします!!!!!!!

イギリスサッカー雑誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
夏のマーケット解禁
失礼だが今回は簡潔に書かさせていただこう。
この夏ヴィクトワレには大量の選手が加入してくることになる。もちろんフリーに選手を中心にだ。
監督がどのようにまとめるか・・・これが気になるが・・・
選手はプレシーズンマッチ終了後のチーム登録メンバー表で現メンバーとともに紹介しよう。
IN
クリシー(フリーより フランス 21歳 25番 DF登録)
リーセ(フリーより ノルウェー 27歳 27番 MF登録)
ヤンクロフスキ(フリーより チェコ 29歳 28番 MF登録)
アデバヨール(フリーより トーゴ 22歳 29番 FW登録)
アグエロ(フリーより アルゼンチン 18歳 30番 FW登録)
グルキュフ(フリーより フランス 20歳 9番 MF登録)
ハドルストーン(フリーより イングランド 19歳 15番 DF登録にデフォルトから変更)
ベンアルファ(フリーより フランス 19歳 17番 MF登録)
イラーリオ(フリーより ポルトガル 31歳 18番 GK登録)
エドラルドグロッソ(フリーより イタリア 19歳 20番 GK登録)

OUT
デフォルトメンバー契約更新せず。
ビクトル(マジョルカへ)

イタリアへ飛び立つ!!!
6月3週からイタリア合宿へ飛び立ったヴィクトワレは、6月4週にミランとの試合、7月1週にはインテルとの試合、7月2週にはローマと試合が組み込まれている。
イタリアへ飛び立つとき補強部門担当専任のハート・ロドリアンとまさに右腕のような動きをしているクレースマン(初登場)は忙しく働いていたのだ。
そのハートは
ライト・フィリップスの代理人と話し合いをしているとはチームの選手達は誰一人する余地もなかったのだが・・・
クレースマンは日本に渡り高校を卒業してくる大物の獲得交渉に向かっているのだった。

ここからは次回!!!プレシーズンマッチとともに報道!!

前回の記事を読んでない方は先に読もう。
http://ribando.blog.shinobi.jp/Entry/13/(クリックで飛びます)

イギリスサッカー誌SH・MO 
記者エドワード・フランチェ
D1カップ制覇!!!
リーズ・ヴィクトワレがやってしまった。ビッグ4のうちの3チームを破っての優勝。まさかここまでやってくれるとは思っても見なかった。
ワトフォードとの昇格をかけた試合私は観戦していたがあの時はとにかく将来性あふれる兄弟の活躍しか目に付かず、1部にあがってもそこまで期待できないか・・・と思っていた。
そこからヴィクトワレはすごいペースで成長し、カップを制覇した。これからもっと強くなっていくだろう。残りのリーグ戦もいい結果を出してほしいものだ。

第34節VSミドルスブラ A
2-0
得点 マーカスベント パーク

試合は前半からヴィクトワレペースで進んでいく。
前半マーカスベントが得点を決めると、後半にはパーク・ロドリアンが実にリーグ戦11試合ぶりとなるゴールをきめて勝利した。

第35節VSトッテナム H
1-1
得点 マーカスベント
    ベルバトフ

試合は前半ロスタイムにマーカスベントのゴールで先制するが、後半半ばごろからトッテナムが牙をむき出す。そして迎えた後半43分サイドからのクロスをベルバトフ!!!決められてしまい試合は終了した。

第36節VSボルトン H
1-1
得点 マーカスベント 
    アネルカ

試合は前半中ごろアネルカに決められボルトンペースになっていく。前半終了間際にはノーランのミドルで肝を冷やす。
しかし後半開始直後ゴール前のこぼれだまを
怪物マーカスベント!!!が決めて引き分けで終了。

第37節VSレディング A
1-0
得点 マーカスベント

試合は前半からヴィクトワレペースで進んでいくがなかなかゴールを割れない・・・
しかし怪物が目を覚ます!!!ミドルをどかーんと叩き込むと13試合連続ゴールを記録する。どんな怪物なんだ彼は・・・そのゴールで勝利した。

最終節VSアーセナル H
㊦両チームスタメン㊦(クリックで大きくなります)
20070121142835.jpg 
両チームともにほぼベストメンバーをそろえてきたか。
アーセナルは得点ランクダントツトップの30ゴールほど決めているアンリ+得点ランク2位のリュンベリの2トップを組んできた。
一方のヴィクトワレは、爆発するととめれないパークと13試合連続ゴールのマーカスベントの2トップを組んできた。



2-0
得点 マーカスベント パール

試合はヴィクトワレが攻勢に出る。守備には不安が残る直志だが中盤そこからサイドにパスを散らしだすと、パールは前線でボールに絡む。相手のFWアンリには幾度となくチャンスを作られるが34歳ベテランマッカイが幾度となくぎりぎりでのクリア!!!このDFが功を奏しカウンターからマーカスベント!!!先制に成功すると、後半開始直後パールがアウトサイドでゴールにボールを流し込み見事に勝利!!!
メツ監督は「この勝利は来シーズンへむけてとても大きなものとなった。オフシーズンにイタリアに合宿に行くことが決定した。対戦チームはミラン、インテル、ローマとなる予定だ。更なる飛躍に向けてがんばってくるよ」と話していった。

㊦今シーズン最終順位㊦(クリックで大きくなります)
20070121144143.jpg 
マンチェスターユナイテッドはチェルシーに勝ち点差7をつけて優勝となった。
アーセナルは最終節の負けが響きCL圏内から脱落。ニューカッスルがCL圏内を確保した。
リーズ・ヴィクトワレは失点がリーグで他2チームと並んでもっとも少なく守備の安定がチームを助けただろう。負け数も2番目に少なくいい結果となったのではないだろうか。
来シーズンはCL圏内を確保したいところだ。
そして欧州カップ挑戦権を得たヴィクトワレは来シーズン初めて欧州の大舞台に飛び出すことになる。私はこのチームを追い続ける。


オフシーズンの補強が鍵を握ってくるだろう。

<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/11 urban]
[08/08 adult]
[08/08 liza]
[08/08 bred]
[08/07 james]
最新TB
プロフィール
HN:
ribando
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]