忍者ブログ
2007年1月1日設置!!!ウイイレのMLについて書いていく予定です!!!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
前半戦終了
厳しい戦いが続く中前半戦も終了を迎えるまでになった。
しかし、手持ちの資料を紛失してしまう始末・・・
そのため結果だけの発行とさせていただきます。ご了承ください。

第12節VSアストンビラ H
2-1
得点 
イミナクー2
    
アンヘル

第13節VSミドルスブラ H
0-0

CL第3節VSレアルソシエダ H
1-0
得点 イファンシュイッツ

第14節VSチェルシー A
2-2
得点 ベラ イミナクー
    ジョンソン パウロフェレイラ

CL第4節VSリヴァプール A
0-0

第15節VSエバートン H
2-3
得点 ベラ イミナクー
    
ファーガソン2 マクファデン

そしてこのまま冬のマーケットが解禁される。
ヴィクトワレは期待の新人の入団がほぼ決まっているとのことだが・・・

PR
イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワードフランチェ
世界の舞台へ
ついにCLが開幕する。世界の舞台にヴィクトワレが羽ばたくときが来た。前置きは必要ない。
まずは各グループの紹介だ。
237239db.jpeg 
グループA
プレミアの強豪2チームにバルセロナ+ユベントスというまさに死のグループだろう。
今季リーグ戦で深刻な得点力不足に陥っているアーセナルが少々厳しいだろうか。
予想するのは難しいがバルセロナ+ユベントスが上がってくる予感がする。




accc382f.jpeg 


グループB
チェルシーが少々抜けている感じがするこのグループ。
チェルシーが上へ上がってくるのはほぼ確定的だろうか。
2位争いは見ものだが、バイヤー・レバクーゼンが少々厳しいだろうか。
2位争いに注目してみよう。



05897556.jpeg


グループC
そしてこのグループにはわれらがヴィクトワレが入っている。
グループ全体を見るとやや楽なグループだろう。
プレマッチでは決着がつかなかったPSVとやや未知数のソシエダ。
ソシエダ戦が鍵を握るだろう。



84f9908c.jpeg


グループD
ここもまた死のグループとなった。
ミランとインテルのダービーがCLでも行われることになるとは。そしてレアルマドリーも入っている。
そしてダークホース候補のデポルティーポはジダンが現役復帰を果たしているチームでありぜひ上まで上がってきてほしい。


CL第1節VSリヴァプール H
㊦両チームスタメン㊦
20070204191928.jpg
初のCLでの戦いは前節リーグ戦で引き分けているリヴァプールとなった。
両チームともにほぼベストメンバーだ。

2-0
得点 ジュゼッペロッシ ダリルマーフィー

試合は前半イミナクーとベラが徹底マークにあいゲームにリズムが生まれない。一方のリヴァプールはヴィエリを中心に攻めてくるが後半一気に流れを得たヴィクトワレが一気に得点を決め勝利した。

8d1013ca.jpeg
グループA
予想通りと言っていいだろうか・・・同じプレミアのチームが負けるのはなんと言えばいいか分からないが、順当な勝ち方だろう。

グループB
このグループも順当だろうか。チェルシーがややローマ相手にてこずったようだが勝利した。バイエルンが鍵を握った感じだ。

グループC
初出場のヴィクトワレが勝利している。PSVも勝利したため、リヴァプールは厳しくなってきている。ソシエダの奮起にも期待。

グループD
まさにすごいぞジズー!!!デポルティーポがレアルマドリーを下し、インテル&ミランが引き分け。波乱が起こりそうだ。

CL第2節VSPSV A
㊦両チームスタメン㊦
a83f9ae3.jpeg
両チームほぼベストメンバー。
ヴィクトワレはリーグ戦ことを考え能力的にも変わらない2トップを組んできた。

1-1
得点 ヒーリー
     OG

試合は不運な形で先制を許した。相手のショートをはじこと足を伸ばすもゴールラインを割ってしまい先制を許す。しかし裏へ飛び出したヒーリーが復活かと思わせるゴールを決めて何とか引き分けた。
491f0c14.jpeg
グループA
バルセロナVSユベントスはユベントスが勝利しグループの主導権を握った。
マンチェスターユナイテッドも勝利。まだまだここからだ。一方のアーセナルは厳しくなった。

グループB
チェルシーがバイエルンをたたきグループの主導権を握るとローマはしっかり勝利し直接対決でのローマVSバイエルン次第となってきた。

グループC
先に1勝ずつあげたヴィクトワレとPSVは引き分けで抜け出すチームは無くソシエダにもまだまだチャンスは残っている。拮抗したグループとなった。

グループD
レアルマドリーは2連敗もデポルティーポは引き分けでまだまだ分からない展開となっている。
それにしてもジズーは恐ろしい・・・
イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワードフランチェ
得点王争い
まだリーグ序盤ながら激しい得点王争いが繰り広げられていた。
その中には昨季はなかなかチャンスに恵まれず活躍できていなかったシェフチェンコの名前があった。
9節まで終わって10ゴールとイミナクーに1ゴール差をつけて1位を走っている。2位は9ゴールでイミナクーこの争いもリーグ順位関係なく注目してみると面白いかもしれない。

第10節VSリヴァプール A
㊦両チームスタメン㊦
60954a2d.jpeg 
両チームともにほぼベストメンバーをそろえてきた。
ヴィクトワレはやはりイミナクー+ベラの2トップは硬い。この試合後すぐCLが待っている中でもこのメンバーを変えてこなかった。
一方のリヴァプールもベストメンバーだ。

2-2
得点 
イミナクー2
    
ルイスガルシア2

試合は前半、後半で主導権を握るチームが変わる展開となった。
前半は完璧なヴィクトワレペース。ベラのパスをイミナクーが決めいつもの形で先制するともう一本イミナクーが決め後半へ。後半もこのペースで行くと思われたがフィールドに出ると大ブーイングに迎えられる。今までで一番のブーイングだろう。その雰囲気に飲まれ気味の一同にルイスガルシアがミドルを叩き込む・・・これで何とかつないできた集中の糸が切れた。マークは甘くなりルイスガルシアに同じ形で得点を許し落としてはいけないゲームを落としてしまった。

第11節VSバーミンガム A
3-0
得点 イミナクー グラント ベラ

バットの後釜候補のグラントが求めている以上の仕事を果たし初得点を決め勝利した。
イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワード・フランチェ
目指すは王者
ついに待ちに待った2008-09シーズンが開幕する。今シーズンからCLにも出場し過密日程を戦っていくヴィクトワレではあるが監督は「王者を目指して戦っていく」と会見で話しており、選手たちのモチベーションも高いようだ。昨シーズン得点王のイミナクーは「今季も得点王を獲得したい」と話しており、「ベラとの相性は最高さ、彼とならどこまでもやれる気がするよ」と発言今季の活躍が楽しみだ。

第1節VSアーセナル A
㊦両チームスタメン㊦
20070203204939.jpg
開幕戦だけあって両チームともにベストメンバーをそろえてきた。
ヴィクトワレは昨シーズンの基本メンバーと変わりはなく連携面での心配は無用だ。
アーセナルもほとんど変わりはなく、ダイスラーが新加入選手だろう。

4-0
得点 
イミナクー2 ベラ ジュゼッペロッシ

アウェイながら完璧な試合を見せ付けたヴィクトワレ。
イミナクー+ベラの2トップの完璧な連携は今季も健在していた。ベラのパスに反応したイミナクーが先制点をとったのは試合開始直後わずか6分のことだった。そこからはじっくり守ってカウンターを中心に攻めるがボールをしっかりキープでき、アンリに頼っている相手オフェンスをことごとくつぶし終わってみれば4-0の圧勝だった。

この試合のあとヴィクトワレは順風満帆に試合をこなしていく。

第2節VSフルハム H
3-2
得点 
イミナクー2 ジュゼッペロッシ
    マクブライド ラジンスキー

第3節VSニューカッスル A
3-2
得点 ヌリシャヒン ベラ ヒーリー
    マルティンス オーウェン

そして迎えた第4節相手はヴィクトワレ同様ここまで負けなしのマンチェスターユナイテッドだ。
第4節VSマンチェスターユナイテッド A
㊦両チームスタメン㊦
18b5aa35.jpeg 
1位マンチェスターユナイテッドVS2位リーズ・ヴィクトワレの天王山
両チームともに気合の入ったベストメンバーを選んできた。
中盤ベテランバットVSスコールズも見ものだろう。

0-0

試合開始直後から中盤でのつぶしあいが始まった。バットVSスコールズのベテラン対決も見られたが勝負はつかず。
得点が期待されたイミナクー、ルーニーも見せ場を作ることができずに試合は終了した。

第5節VSボルトン H
6-0
得点 
イミナクー2 ベラ ヒーリー アシュトン2
アシュトンがヴィクトワレで衝撃デビューを飾った。

第6節VSセルティック H
1-0
得点 ガリ
試合はセルティックに支配されるもCKをガリが頭で叩き込んで勝利した。

第7節VSウエストハム H
2-0
得点 イミナクー ベラ

WEFAランキング 20位↑
大幅に順位が上がった。さすがにここまで無敗で得失点差でマンチェスターユナイテッドを超えているため1位を走っているだけの事はある。

第8節VSトットナム H
3-0
得点 カルミーヨ イミナクー ヌリシャヒン

第9節VSウエストブロムウィッチ H
1-0
得点 イミナクー 
拮抗した試合の中イミナクーが何とかきめ勝利するも、シェフチェンコに得点王の座を明け渡すことになった。

次節VSリヴァプール
そしてCL組み合わせ決定!!!
CLはCLでリーグ戦とは別に更新をしていくつもりです。
イギリスサッカー誌SH・MO 記者エドワードフランチェ
登録メンバー紹介
どうもフランチェです。今シーズンの登録メンバーを紹介します。
プレミアリーグのベスト23もこの前の日に発表された。


GK
背番号1 エニュアマ 25歳 180㎝ ナイジェリア代表 3年目
昨シーズンは安定した活躍を見せてくれた。そしてこのリーグでもNO1キーパー候補に名前が挙がるなど評判は◎今シーズンもこの活躍を見せてほしい。

背番号12 カスパーシュマイケル 21歳 183㎝ デンマーク代表 2年目
昨季思ったより試合に出場できなかった。今季はエニュアマを脅かす存在になりたい。

背番号29 カニサレス 18歳 181㎝ U-19スペイン代表 2年目
昨季新加入の期待の新人すでにU-19の代表にも選ばれており期待がかかる。

DF
背番号3 アルベルトロドリゲス 24歳 182㎝ ペルー代表 3年目
昨季は安定した活躍でプレミアリーグベスト23人にも選ばれた選手。DFながらときどき見せるオーバーラップは見もの。

背番号4 ギャリーコルドウェル 26歳 185㎝ スコットランド代表 3年目
昨季は右のサイドバックを守り続けた。しかし攻撃面での貢献が少ないところが問題か。

背番号8 オヌオハ 20歳 188㎝ イングランド NEW
新たに加入した選手。右サイドバックをこなすことからギャリーコルドウェルよりスタメンを奪いたい。

背番号13 シルベストル 30歳 184㎝ フランス 2年目
昨季は控えながらなかなかの貢献度だった。今季も出る試合ではいいパフォーマンスを期待したい。

背番号15 ピッコロ 24歳 187㎝ イタリア NEW
新加入のCB。SBもこなせることから期待がかかる。代表召集も目指しているとのこと。

背番号16 ネイザンアシュトン 21歳 175㎝ イングランド 2年目
昨季冬の加入でチームへの貢献度もなかなかのものだった。今季はスタメンを狙いたい。

背番号24 スティーヴンコルドウェル 27歳 191㎝ スコットランド代表 3年目
昨季もDFリーダとして活躍。今季もスタメンは硬いだろう。

MF
背番号5 バット 33歳 178㎝ 元イングランド代表 3年目
昨季途中からではあるがキャプテンを務めチームをまとめた。若手の教育にも力を入れており引退したらぜひコーチに就任してほしいと監督が話すほどだ。

背番号6 グラント 20歳 180㎝ イングランド 3年目
バットの後釜候補と言われるまでに成長。今季もサブだろうが試合に出て成長したい。

背番号7 シルベルバウアー 26歳 183㎝  デンマーク 3年目
昨季はサブではあったが自分らしさをだしなかなかのプレーを見せた。今季はスタメンを勝ち取りたい。

背番号10 イファンシュイッツ 24歳 183㎝ オーストリア代表 3年目
昨季は真ん中でパスを供給していたがあまりいい結果を出せなかった。もしかしたらスタメンから外れることもあるのだろうか。。。

背番号14 ミケル 21歳 190㎝ ナイジェリア代表 NEW
中田とのトレードで加入。プレマッチではその背の高さから中盤での競り合いの強さを見せ付けた。プレマッチの動きではなかなかの好印象を与えた。連携面にやや難が残るか。

背番号18 ダウニング 23歳 182㎝ イングランド代表 2年目
昨季は不動の左SHとして活躍。今季もプレマッチでなかなかの動きを見せた。

背番号20 エマヌエルソン 21歳 176㎝ オランダ代表 2年目
昨季は不動のSBとして活躍もネイザンアシュトンの加入でスタメン争いは激化するだろう。切磋琢磨してほしい。

背番号25 ガリ 26歳 181㎝ エジプト代表 2年目
昨季はD1カップ決勝で見せた頭でのゴールはなかなかのものだった。シルベルバウアーとのスタメン争いも見ものだ。

背番号26 ジュルー 21歳 183㎝ スイス代表2年目
昨季はCBとして活躍安定したプレーを見せた。今季はピッコロなどの加入で出場数が張ってしまう可能性も・・・がんばってほしい。

背番号27 ヌリシャヒン 19歳 179㎝ トルコ代表 2年目
昨季出場した試合では存在感を示す大物選手。今季こそ本当にイファンシュイッツからスタメンを奪ってしまいそうだ。

背番号30 スケルブレト 20歳 175㎝ ノルウェー代表 NEW
最後の最後に加入が決定。CLを戦っていく中で選手層を厚くしたいという気持ちからだろう。結果を残せればこのチームですごせるだろう。

FW
背番号9 ヒーリー 28歳 170㎝ 北アイルランド代表 3年目
昨季腰を壊してから調子を取り戻せなかった。今季はスタメン復帰を目指したい。

背番号11 カルミーヨ 23歳 170㎝ ウルグアイ NEW
ヨークとのトレードで加入。そのスピードはチームNO1だ。SHもこなし飛躍の1年になりそう。後半からの出場などで相手DFをずたずたに切り裂きたい。

背番号19 ジュゼッペロッシ 20歳 178㎝ イタリア 2年目
昨季はいいプレーを見せつけ記憶に残る選手だった。強豪相手にも物怖じせずプレーをするところは監督も信頼を置けるスーパーサブだった。

背番号21 イミナクー 25歳 183㎝ ナイジェリア 3年目
昨季のプレミアベスト23に選ばれた選手。昨季は24ゴールで得点王2位アンリに4得点差をつけての受賞だった。今季も活躍が期待される。マークをどれだけ振り切れるかがかぎになるだろう。

背番号22 ベラ 19歳 175㎝ U-19メキシコ代表 3年目
昨季のプレミアベスト23に選出。最優秀新人賞も獲得した。11ゴール11アシストは最高の数字となった。もはやヒーリーを超えたといわれており今季も10ゴール10アシスト以上の数字を目指したいと発言をしている。オフにはいろいろなチームからオファーがあったもののこのチームを離れる理由がないと発言全てのオファーを蹴った。更なる飛躍の1年となるだろう

背番号23 アシュトン 24歳 185㎝ イングランド NEW
プレマッチでFWの控えにもう一人選手がほしいということからの獲得。合流が遅れたのは痛いが新たな戦力として期待がかかる。

背番号28
 ダリルマーフィー 25歳 183㎝ コートジボワール 2年目
昨季はなかなかいいプレーを披露。左SHでもプレーし選手としての質の高さを見せ付けた。今季はより多くの試合に出場したいと公言している。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/11 urban]
[08/08 adult]
[08/08 liza]
[08/08 bred]
[08/07 james]
最新TB
プロフィール
HN:
ribando
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]